センシティブな情報は期限付きメールで。Gmail「情報保護モード」を活用

スタジオ・ボウズ | センシティブな情報は期限付きメールで。Gmail「情報保護モード」を活用

WEBデザイン・構築の付随作業として、メールアドレスなど各種アカウント情報の設定などが生じます。そんな折、セキュリティ情報を設定し先方に知らせる、というのはよくある作業。

こうした情報、そもそもメール送信はなるべく避け、可能であれば私は口頭で伝えるようにしています。しかしそれがかなわない場合、次善策としてGmailの「情報保護モード」が使用するとよいのでは、というお話です。

そもそもどういうメールが先方に行く?

情報保護モードに設定し送信すると、先方には下記のようなメールが届きます。

スタジオ・ボウズ | センシティブな情報は期限付きメールで。Gmail「情報保護モード」を活用

「メールを表示」ボタンを押すと、別窓でメール内容が表示されるというわけです。

「情報保護モード」でメールの有効期限を設定する

スタジオ・ボウズ | センシティブな情報は期限付きメールで。Gmail「情報保護モード」を活用

メール作成画面で、「情報保護モード」のアイコンをクリックすると、有効期限設定のウインドウが表示されます。

ここで「有効期限まで1日/3日/1か月/3か月/5年」から選びます。

スタジオ・ボウズ | センシティブな情報は期限付きメールで。Gmail「情報保護モード」を活用

さらにセキュリティを高めるため、SMSパスコードを発行することもできます。相手方の携帯電話番号がわからなければ使えない機能ですが、送信ボタンを押すと、上記のような電話番号を入力することで設定できます。

入力し、有効化された送信ボタンを押すと、送信されます。

以上、Gmailの有効期限メールの送信方法でした。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。