【AfterEffects】特定のフレームで一時停止させて延ばす方法

2020/02/14

特定のフレームで一時停止させ、そのフレームを延ばす方法です。下記のような動画、特定の場面を印象的に演出するために使えます。

レイヤーを分割

コンポジションに素材を配置、一時停止させたい位置に時間インジケーターを動かし、メニュー「編集」→「レイヤーを分割」します。

【AfterEffects】特定のフレームで一時停止させて延ばす方法|スタジオ・ボウズ

下記にように分割されました。

【AfterEffects】特定のフレームで一時停止させて延ばす方法|スタジオ・ボウズ

分割した後ろの方のレイヤーを複製

分割したできたレイヤーのうち、後ろのレイヤーを「Ctrl+D」(Win)/「Cmd+D」(Mac)で複製します。

【AfterEffects】特定のフレームで一時停止させて延ばす方法|スタジオ・ボウズ

複製元のレイヤーのフレームを固定

複製元のレイヤーを選択した上で、メニュー「レイヤー」→「時間」→「フレームを固定」を選択します。

【AfterEffects】特定のフレームで一時停止させて延ばす方法|スタジオ・ボウズ

これで、このレイヤーは一時停止した状態になります。

複製先のレイヤーを任意の位置に移動

複製先のレイヤーを、一時停止させたい時間分だけ移動させます。

【AfterEffects】特定のフレームで一時停止させて延ばす方法|スタジオ・ボウズ

すると、複製元(下)の一時停止させたレイヤーが現れます。

ここまでの作業でできる動画は下記のようになります。




任意にエフェクトをかけて完成!

あとはこの一時停止させたレイヤーに、任意にエフェクトをかけます。

【AfterEffects】特定のフレームで一時停止させて延ばす方法|スタジオ・ボウズ

これで完成です!

以上、あるフレームで一時停止させて延ばす方法でした。


スタジオ・ボウズでは、イベントの撮影やWebCM等、映像プロモーションについてのご相談を承っております。簡易機材を用いて、低予算でも映像をご活用できるよう対応致しております。下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。