メーリングリストにさようなら! グループウェア「サイボウズ」の廉価版「チーム応援ライセンス」の申請手順

2019/12/19

メーリングリストにさようなら! サイボウズチーム応援ライセンスの申請方法|スタジオ・ボウズ

Copyright © Cybozu, Inc.

業務効率化のサービスとして人気のサイボウズの各サービス。

その中のグループウェア「サイボウズoffice」は、掲示板やファイル共有など、さまざまな機能が利用できますが、予算の限られている非営利団体は二の足を踏んでしまいがち。

無料で利用できた「サイボウズLive」も2019年4月にサービスを終了。グループウェア難民になってしまった…かといってメーリングリストに戻るのもなぁ…という方も多いのではないでしょうか。使い慣れたサイボウズLiveのインタフェースを引き続き使いたい。そんなニーズもあるかもしれません。

そんな非営利の団体・チームの救いとなるのが「 サイボウズチーム応援ライセンス 」。財政的に厳しい団体に、サイボウズの各サービスを安価に利用できるライセンスです。

最近、ライセンス申請を代行しました。その手順をご紹介します。

利用できるサービスの概要と価格

概要

  • 利用できるサービス
    サイボウズ Officeプレミアムコース
    kintoneスタンダードコース
    Garoon
    メールワイズプレミアムコース
  • 価格
    1サービスにつき年額10,890円(税込)/900ユーザー
  • 申請できる団体
    NPO法人
    以下の要件をすべて満たす任意団体、非営利型一般社団・財団法人
    ・活動目的が明確、かつ非営利である
    ・代表者がおり、情報管理の責任者が明確である
    ・特定の法人の傘下もしくは管理下にない
    ・財務状態が管理されている

サイボウズOfficeの通常ライセンスでは、1ユーザーにつき月額500円。それに比べると、この応援ライセンスはかなりオトクです。

申請の流れ

メーリングリストにさようなら! サイボウズチーム応援ライセンスの申請方法|スタジオ・ボウズ
※ https://npo.cybozu.co.jp/team/ より
申請の流れ

  1. サービスの試用を開始(30日間無料)。
  2. 試用期間中に、応援ライセンスの審査に申し込む
    ※申請に契約状況の画面キャプチャを求められます。必ず試用期間中に申請しましょう。
  3. 審査終了。ライセンス適用完了の連絡。
  4. サイボウズドットコムで発注(利用料を決済)。
  5. ライセンス利用開始。

申請に必要な情報・書類

応援ライセンス利用の申請は サイボウズチーム応援ライセンス より行います。

申請するために必要な情報・書類は下記の通り。団体によって少し異なりますが、下記は非営利の一般社団法人のケースです。

必要な情報・書類(必須項目)

  • 「cybozu.com共通画面」契約状況の画面キャプチャ
  • 代表者名、設立日、メンバー数
  • 活動目的
  • 定款(PDF)
  • 会計資料(PDF)
  • 最近の活動実績・情報公開先(ホームページ、SNS、ブログなどのURL)
  • 活動地域

10営業日程度で、申請の可否の連絡が来ます。ライセンス適用されたのち、サイボウズドットコムもしくはcybozu.com共通管理のページより、発注(利用料の決済)を行います。

よくあるご質問(FAQ)「チーム応援ライセンス」の適用申請を行いました。このあとの発注手続きを教えてください。

決済が終わると、数分で受付が完了。正式版として利用できるようになります。

なお「特定の企業構成員のみでの利用」「特定の政治・宗教のための利用」「反社会的勢力の利用」は認められていません。

非営利の組織団体こそ大いに活用を

ちなみにサイボウズの青野慶久社長は柔軟・多様な働き方、夫婦別姓など、既成の社会の枠組みを変えることについて、積極的に情報発信しておられます。そういう思いが反映したライセンスなのかもしれません。

予算や人手が常に限られている非営利組織。当然、日常業務が省力化が求められます。

日々発生する煩雑な業務をすっきり整理し、社会に役立つ活動にリソースを振り向けていきましょう!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。