新型コロナウイルスワクチン(モデルナ製)の副反応顛末

2021/09/21  2021/09/21

新型コロナウイルスワクチン(モデルナ製)の副反応顛末

新型コロナウイルスのワクチン(モデルナ製)の2度の接種を終えました。

ご多分に漏れず、2度目の接種後は副反応でもだえていましたが、その内容や顛末についてのざっくりメモです。

接種1回目

特に記すべきほど、副反応はなし。注射箇所の打撲痛のような痛みが、接種後4日間ほど。

接種2回目

全体として、風邪のひき始めのような症状が1、2日続きました。

■接種後、約14時間後

倦怠感、節々の痛み、激しい悪寒。

就寝中に副反応が育ち始め、倦怠感で眠ることができなくなりました。激しい悪寒は冬用毛布を引っ張り出し被るほどでしたが、約1時間後におさまりました。

■接種後、1日目

倦怠感、節々の痛み、高熱、軽い頭痛。

高熱は最高で39.1℃。平均して38℃代後半を推移。

つらいのは倦怠感と節々の痛み。時々、刺すような痛みが走り、横になってもとても眠れません。トイレに立つのも億劫なほど。

ただし食欲自体はあり、というかむしろ普段より食欲があり、おかゆなどでは物足りなさを感じるほど。これも副反応の1種?

■接種後、2日目

倦怠感、節々の痛みが若干。熱は38℃を切るようになり、このまま回復かと思われましたが、夕方になると38℃代前半にぶり返しました。

■接種後、3日目

倦怠感、節々の痛みがほぼ解消。熱も平熱に下がりました。

事前に用意していたもの

結果的に高熱の前では焼け石に水感はありましたが、2回目接種を前に用意していたものです。

■解熱剤

自宅の常備薬としてロキソニン。副反応中は1日3回程度服用。

■冷えピタ

高熱時のお守りみたいなもの。

■栄養補給の飲食物

ウイダー、スポーツドリンク、バニラアイス。

妻は仕事で家事もあまりしないため、私が倒れるとそれがストップ。倒れても最低限の補給ができるものを買っておきました。

水分補給はスポーツドリンク。バニラアイスは解熱効果を期待したのと(たぶんない)、糖質補給のため。

まとめ

一人暮らしの方は副反応で生活が詰むとよく言われていますが、うちのような夫婦2人暮らしで片方が日中いない、という家庭でも副反応はそこそこ不安感があります。

副反応は症状自体さまざま、人それぞれではありますが、自分が動けなくなることを想定して、準備しておくことが無難でしょう。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。