【Illustrator】イラレでドット絵を描く方法(1)ラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」

【Illustrator】イラレでドット絵を描く方法(1)ラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」|スタジオ・ボウズ Illustrator

レトロ感が魅力のドット絵(ピクセルアート)をIllustratorで描く方法です。いくつかありますが、ここではラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」で作る方法を解説します。

アピアランス効果の「ラスタライズ」を使って作る方法は、下記ページで紹介しています。

目次
  1. ラスターデータを用意
  2. ブロック数(解像度)を設定
  3. 微調整して完成

1.ラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」

ほどよいラスターデータが手元にある場合、これがもっとも速く作成できる方法かもしれません。

ラスターデータを用意

ドット化したい画像を配置し、「オブジェクト」→「ラスタライズ」で画像をラスター化します。背景は「透明」を選択します。

【Illustrator】イラレでドット絵を描く方法(1)ラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」|スタジオ・ボウズ



ドット数などを設定

ラスターデータを用意し、その画像を選択した状態でメニュー「オブジェクト」→「モザイクオブジェクトを作成」を選択します。

【Illustrator】イラレでドット絵を描く方法(1)ラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」|スタジオ・ボウズ

設定のダイアログが表示されるので、設定します。ドット絵を構成するドットの数を決める項目「タイル数」です。その名の通り、少なければドットが大きく、多ければ小さくきめ細かくなります。ドットの大きさはここで決めましょう。

デフォルトだと元のラスターデータは残ります。不要な場合は「ラスタライズデータを削除」にチェックを入れます。

微調整して完成

【Illustrator】イラレでドット絵を描く方法(1)ラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」|スタジオ・ボウズ

これでタイル状になり、ドット絵が出来上がります。各ドットはグループ化されているのでグループ解除したのち、ホワイトのドット、イラスト縁に色の異なるドットなどが発生するため、これらを削除したり色調整していきます。

【Illustrator】イラレでドット絵を描く方法(1)ラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」|スタジオ・ボウズ

以上、ラスターデータから「モザイクオブジェクトを作成」で作るドット絵の作成方法でした。



DTP・印刷系のデザイン承ります

フライヤー、ポスター、パンフレット、小冊子など、さまざまな紙媒体のデザインを承ります。発信する情報に合わせ、最適な媒体・デザインをお作りします。